ワインバーってどんなバー?

ワインバーとは各種のワインを取り揃えていてボトルはもちろんのことグラスでも注文に応じてワインを飲ませてくれるバーで、
多くの場合ワインにあう料理も提供しています。
明確に区別されているわけではありませんがワインバーには大別して2種類あり、
「特定の国のワインだけを取り扱うバー」と「さまざまな国のワインを取り扱うバー」とがあります。

 

ワインはフランス・イタリア・ドイツ・スペイン・オーストリア・ポルトガル・スイス・ハンガリーなどが伝統的な生産国ですが、
近年は日本・中国・アメリカ・チリ・アルゼンチン・ブラジル・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・インド・南アフリカなどの国で生産が伸びています。
わが国ではこれらのほぼすべての国からワインを輸入しており、
そのことから特定の国のワインだけを取り扱うバーでは
「フランスワインバー・ドイツワインバー・イタリアワインバー・ポルトガルワインバー」などの店名が付けられているのが一般的です。
またこれらのバーの多くは、一般的なつまみだけではなくその国の料理も提供しています。

 

一方さまざまな国のワインやビンテージワインなどを取り扱うバーでは、
それぞれの国の代表的なワインや世界的に有名なワインを取り揃えています。
ワインの味や香りは生産国によってそれぞれに違いがありますので、
どこの国のワインが自分に合っているか分からない人は、
まず飲み比べのつもりで多くの国のワインを扱っているバーに行くことをおすすめします。
そのバーでワインのことをバーテンダーから教わりながら、自分に合ったワインを見つけましょう。

 

ワインが美味しい居酒屋はこちら